メニューが表示されない場合は、

右上の三本線をクリックして下さい。


 

最終更新は 2021年 5月 8日(日) です

「ホーム」に調布飛行場の記事をアップしました。

「ホーム」に屯鶴峯地下壕見学会の記事をアップしました。


~戦争遺跡を史跡・文化財に、語り伝えよう戦争のこと~

松代大本営(長野市)
松代大本営(長野市)

 

 各地の戦争遺跡保存団体、文化財保存全国協議会、歴史教育者協議会などを中心に、団体や個人が集い、1997年に「戦争遺跡保存全国ネットワーク」が結成されました。

 

 私たちは、戦争遺跡の調査・研究・保存運動、平和資料館、平和教育などについて情報交換をするために、「戦争遺跡資料」の刊行、「戦争遺跡保存全国シンポジウム」の開催などをおこなっています。

 

 一緒に活動しましょう。申し込みは事務局(きぼうの家)またはwebへ。

調布飛行場の戦争遺跡を紹介する動画公開とガイドブック発行

調布飛行場の掩体壕を保存する会からの投稿です

 調布飛行場に隣接する都立武蔵野の森公園内には、飛行機を空襲から守るために格納した鉄筋コンクリート製の掩体壕が2基保存されています。公園の開園以前は、 この一帯には東京都の街路や公園に植樹する樹木を育てる苗圃があり、掩体壕は倉庫代わりに使われていました。公園の建設計画に際し、当会は東京都の建設局に対して掩体壕の保存要望を提出し、併せて調布飛行場の戦争遺跡について広く知ってもらうために、講演会や見学会、展示などを開催して、保存運動を行ってきました。

 こうした活動の結果、掩体壕1基(大沢1号)は保存、ただし内部の劣化が著しいため、樹脂材で充填、補強することが決まりました。もう1基(大沢2号)は、都道建設のため取り壊す予定でしたが、そのままの状態で保存されることになり、現在でも、見学会の時には掩体壕の中に入ることができます。公園整備事業の一環として、調布飛行場の歴史を紹介する説明板や大沢1号の傍らには内部に3式戦闘機「飛燕」を格納した掩体壕の10分の1の模型も設置されました。公園を管理する武蔵野の森公園サービスセンターには、事業用地内から出土した陸軍の100式輸送機のプロペラも展示され、見学に訪れる人に戦争の記憶を伝えています。

「東京調布飛行場」の門柱が今も残る
「東京調布飛行場」の門柱が今も残る

●ガイドブック『つばさに託して〜武蔵野の森公園の戦争遺跡が語り継ぐこと〜』(A5版 71頁)

 当会が発行した武蔵野の森公園の戦争遺跡を解説するガイドブックの概要は、次のとおりです。

 序 章 80年前、ここは陸軍の飛行場だった

 第1章 武蔵野の森公園と戦争遺跡

 第2章 調布飛行場とアジア太平洋戦争

 第3章 調布飛行場の戦後

 第4章 敗戦直後の調布飛行場と三鷹研究所

 第5章 調布飛行場の掩体壕を保存する会の活動

 終 章 語り継ぐ平和への祈り

 あとがきにかえて

大沢1号掩体壕
大沢1号掩体壕

●動画の公開

 コロナ禍のため、見学会を企画し、参加者を募集するタイミングを図ることが難しいため、その代替として動画を制作することを公園サービスセンターから提案され、武蔵野の森公園の戦争遺跡を紹介する動画が制作されました。動画は、YouTubeでご覧いただけます。

◆武蔵野の森公園の戦争遺跡

①出土したプロペラの展示(8分43秒)

https://youtu.be/3y_6zQixoWo

②掩体壕(8分8秒)

https://youtu.be/Abeh7xlcS74


◆ガイドブックの入手方法

  武蔵野の森公園サービスセンター(042-365-8435)に電話で在庫を確認のうえ、スマートレター用の封筒(右画像)を郵便局やコンビニで買い求め、郵便番号・住所・宛名を記入して、サービスセンター(〒183-0003府中市朝日町3-5-12)に送っていただく方法が便利です。

屯鶴峯地下壕の見学会に戦跡ネットも参加 東壕も見学

2022年5月5日(木) 平和のための香芝戦争展が開催

 すばらしい戦争遺跡である奈良県香芝市の屯鶴峯(どんづるぼう)地下壕は東側地下壕と西側地下壕があります。

 東側地下壕は京都大学が地震調査のために使っていて普段は見れませんが、この日は京都大学に公開してもらいました。

 戦跡ネット運営委員会にも見学会のお誘いを頂き、出原共同代表、幅事務局長、岩脇の3名が参加しました。

 見学会には長年調査をされている塚崎昌之さんと田中正志さんも参加され、貴重なお話を聞くことができました。

西側地下壕(奈良・西田 敦さん撮影)
西側地下壕(奈良・西田 敦さん撮影)
東側地下壕(奈良・西田 敦さん撮影)
東側地下壕(奈良・西田 敦さん撮影)

 今回は東側地下壕と西側地下壕を合わせて見学でき、地下壕の違いもわかりました。東側地下壕は航空総軍の通信施設、西側地下壕は司令部と考えられ、皇族の居住区域もあった可能性が高いです。西側地下壕の近くには皇族用と考えられる建物もあったそうで、その跡地と思われる平坦地も確認されています。

 平和のための香芝戦争展では40代の方々が精力的に調査をされていて素晴らしいです。今後の活動も楽しみです。(文責 岩脇)


今年の全国シンポは広島です!

2022年8月20日(土)~21日(日) 現地見学会22日(月)

 ついに長年の念願がかないます。

 来年の戦争遺跡保存全国シンポジウムを8月20日(土)~21日(日)に広島市で開催することが決まりました。

 3月20日(日)には第1回現地実行委員会をハイブリッド方式で開催しました。初回から広島市や呉市などたくさんの方が集い、力強さを感じました。運営委員も現地で3名、ズームで8名が参加しました。 

第1回現地実行委員会
第1回現地実行委員会
旧陸軍被服支廠
旧陸軍被服支廠

 戦跡シンポの会場は広島市青少年センター。かつての広島市民球場の西隣で、原爆ドームのすぐ北です。

 

 

 詳細がわかり次第、ウェブページでもお知らせします。


大会報告集が完成しました!

第24回戦争遺跡保存全国シンポジウム東大和大会 21.10. 2.~10. 3.

旧日立航空機立川工場変電所(報告集より)
旧日立航空機立川工場変電所(報告集より)

 2021年10月2日(土)~3日(日)に開催された第24回戦争遺跡保存全国シンポジウム東大和大会。初めてのオンライン開催で不安もありましたが、現地実行委員会のご尽力のおかげで充実した大会になりました。分科会に報告される方や司会・事務局も何度かのリハーサルを経て、スムーズな進行ができました。

 現地実行委員会のお力で、たくさんの資料をデータとして頂けたのは、従来の大会にはなかったことで、オンライン大会の良さも感じました。

 皆さまのご協力に感謝いたします。 

 オンラインのため参加できなかった方のために、現地実行委員会の方が中心となって大会報告集を作成しました。

 下のPDFデータをダウンロードしてご覧下さい。

 目次は全体会版の最初に、大会アピールは分科会版の最後にあります。

ダウンロード
大会報告集全体会.pdf
PDFファイル 6.0 MB
ダウンロード
大会報告集分科会.pdf
PDFファイル 3.5 MB

戦争遺跡 指定・登録文化財の動向(2021年10月時点)

 今年の戦争遺跡保存全国シンポ(東大和大会)の基調報告で示された全国で指定文化財や登録文化財になっている戦争遺跡の一覧表です。

 昨年末まで掲載していた資料にご教示頂き、22年1月7日に修正版と差し替えました。ご教示ありがとうございました。

 もし漏れや誤りがありましたら、ぜひお知らせ下さい。

ダウンロード
戦争遺跡 指定・登録文化財の動向(21年10月時点)修正版
戦争遺跡 指定・登録文化財の動向 2021.10.2 修正版.pdf
PDFファイル 419.5 KB